ロレックスのオーバーホールやジュエリーリフォームで価値Keep

腕時計

定期的な整備

案内

高級腕時計ブランドとして知られるロレックスを購入して、大切に使い続けていきたいのであれば定期的にオーバーホールを行なうようにしましょう。オーバーホールとはロレックスを一度分解して、一つ一つのパーツをメンテナンスして再度組み立てるという作業のことを言います。どれだけロレックスを大切に使っていていても、時間の経過によって内部の油が少なくなって部品が摩耗してしまいますので必ずオーバーホールを行なうようにしましょう。
ロレックスのオーバーホールには様々な工程がありますが、まず最初に行なうのが分解です。ブレスレットを時計のケースから取り外し、裏蓋を開けた後にムーブメントを取り外します。その後、ムーブメントを完全に分解して各部品を洗浄し、摩耗や劣化が激しい部品を新しい部品と交換した後に再び組み立てます。組み立てた後は部品同士の摩擦や摩耗を最小限に抑えるために潤滑油を注入して、ムーブメントのタミング調整を行なってロレックスのオーバーホールは完了となります。
時計のオーバーホール方法は、近年インターネットのホームページ上などでも公開されており、自力でオーバーホールを行なう人もいます。しかし、ロレックスは非常に精密にできているので、知識と技術が無い素人が下手に手を出してしまうと取り返しのつかない故障に発展してしまうことがあります。また、故障したり摩耗してしまったりしたパーツを入手するのも非常に困難ですので、専門のロレックスオーバーホール業者に依頼するようにしましょう。